「美味しいものを作る」が合言葉

オシキリ食品は1947年に創業。納豆など大豆の発酵食品に始まり、こんにゃく、しらたき、ところてん、豆腐、もやしなど、製品のラインナップを広げてきました。
1990年に江別より本社、工場を移転し、江別のものづくりを支える企業のひとつとなっています。

オシキリ食品の商品は全国納豆鑑評会や全国豆腐品評会で何度も入賞しています。
どちらも入賞するのは簡単ではありませんが、「美味しいものをつくる」を合言葉に、安心安全で美味しい商品を製造しています。

代表商品の「十勝納豆」は、近年首都圏の大手スーパーでも扱いが増えています。
ふっくらとした小粒の豆と北海道特有の甘いタレが、特に北海道出身者から支持を受けているそうです。

オシキリ食品では新しいチャレンジも行っています。
北海道では栽培が難しいと言われていたこんにゃく芋の生産を江別市内の協力農場に持ち掛け、そのこんにゃく芋で作った「北海道こんにゃく」もひとつの例です。
こんにゃく芋の一大生産地である群馬の栽培方法を改良することで、北海道でも一定量のこんにゃく芋を栽培することに成功しました。
100%北海道産こんにゃく芋から作ったこの「北海道こんにゃく」は、プルプルで柔らかな食感で他のこんにゃくとは一味違います。
こんにゃく芋を生芋から作る製法は、北海道ではオシキリ食品だけが持つ製法です。

こんにゃくをベースに豆乳をブレンドし、そうめんのような麺に仕上げた「まるでそうめん」もオシキリ食品のチャレンジから生まれた商品。
東日本大震災をきっかけに、火と水を使わなくても調理ができ、日持ちする麺を作りたいという想いから生まれました。
糖質ゼロの商品ですので、ダイエット中の方にも人気です。

他にも黒豆を納豆にした「北見黒豆納豆」、道産大豆「ゆきぴりか」を北海道産米「ゆめぴりか」の稲わらから採取した納豆菌で発酵させ、北海道産丸大豆醤油と北海道産魚醤で作ったタレを付けたオール北海道素材の納豆「雪の夢」(ホクレンと共同開発)など、常に新しいことにチャレンジし続けています。

美味しい江別ナイト2018では、「北海道こんにゃく」と「まるでそうめん」をご提供いただきます。
オシキリ食品のチャレンジから生まれた商品がフレンチでどのように生きるのか、ぜひお楽しみください。

企業概要
所在地江別市工栄町5番地7
TEL 011-385-4451

オシキリ食品株式会社 ホームページ


TOPへ戻る