【素材紹介】えぞ但馬牛

掲載日:2017.09.12 | ご案内

【素材紹介】えぞ但馬牛

高い肉質を誇る兵庫県但馬牛系統を昭和46年より導入し、地域の中で改良増殖してきた江別育ちの黒毛和牛が「えぞ但馬牛」です。
「えぞ但馬牛」は生まれた仔牛は母牛と一緒に育てられ、夏は広大な牧場、冬は暖かい牛舎の中でのびのびと育てられます。
こうして成長した牛は、良質な脂肪交雑とやわらかい食感で道内外から高い評価を受けています。

「えぞ但馬牛」は、年に数回のみ、江別市民会館で行われる直売会やイベントで購入いただけます。
大変希少な素材ですが、今回は「美味しい江別ナイト2017」のために特別に確保いたしました。
当日はこの希少で美味しいお肉を、素材の味を最高に生かすシェフの技術と合わせ、お楽しみください。