毎日の食卓に笑顔と健康を

菊田食品は、1949年、現在の江別市野幌で「菊田商店」という小さな豆腐屋からはじまりました。
当時の豆腐屋といえばボウルや鍋を持参して購入するもので、菊田商店でも一丁一丁丹精を込めた手作り豆腐を、地域の方々に向けて販売していました。
昭和中期の流通革命後は、食品スーパーへの卸売りが主体となり、生産量が格段に増えたことから、菊田食品も現在本社を置く江別市錦町に新工場を設立し、量産体制を整えました。
2016年には保有設備で製造できる「濃旨豆腐」が全国豆腐品評会において味や食感などの総合評価で全国4位に入賞するなど、美味しい豆腐を毎日の食卓に届けるための努力が評価されています。

一方で、創業以来守り続けてきた伝統の手作り製法を後世に伝えていきたいという思いから、2002年、江別市若草町に直営店「とうふ工房 菊の家」をオープンしました。
売り場から豆腐職人が、豆腐を造る様子を見ることができるこの店舗では、時間帯によっては出来たて豆腐を購入することもできます。
江別産・北海道産大豆のみを使うことにこだわり、熟練した職人がすべて手作りした豆腐は、大豆の味をしっかりと感じることができます。

また、豆腐を健康食品として考える試みにも力を入れており、乳酸菌や大麦若葉、DHAなどの健康素材を配合した商品の開発を行っています。
特に、オリゴノールを配合した商品「ヘルシーDo-Fu」と「オリゴノール寄せ豆腐」は、ヘルシーDo認定商品となり、話題になっています。

豆腐の他にも揚げやこんにゃくの製造を行っており、「北海道江別の大豆でつくった生揚」は、菊田食品の商品で北海道内売上No1を誇る一品です。通常の厚揚げ生地とは違い、北海道の大地で生まれた江別産大豆を使った木綿豆腐をそのまま素揚げにした生揚です。 真空パックで長期保存が可能なことから、北海道外への流通も行っています。

美味しい江別ナイト2018では、「ヘルシーDo-Fu」「大麦若葉絹豆腐」「北海道江別の大豆でつくった生揚」をフレンチの一流シェフならではのアレンジでお楽しみいただきます。
美味しくて健康に良いお豆腐をお楽しみください。

企業概要
所在地江別市錦町13番地5
TEL 011-382-3247

株式会社 菊田食品 ホームページ


TOPへ戻る