江別から「おいしい麺」を全国へ

株式会社菊水は、昭和24年、北海道上川郡下川町で創業しました。
当時の小麦といえば、ふすま(外皮)の混じった粗悪なものが多く、何層ものふるいにかけることで「おいしい麺」を作ることに懸命に取り組んだそうです。
その努力は消費者の方へと伝わり、菊水の作る麺は、広く北海道の人達へと食べられるようになりました。
昭和48年には江別市に本社を移し、平成7年からは伊藤ハムグループの一員として、新しい設備を取り入れながら現在は3つの工場で麺づくりを行い、北海道内はもちろん、全国に向け商品を供給しています。

製造過程で熱を加えず、小麦の“伸びる・まとまる・粘る”といった特製を生かした「寒干しラーメンシリーズ」は、菊水を代表する商品。
菊水創業者の杉野森一氏が、本当に美味しいラーメンを作りたい!という強い思いから、研究に研究を重ね誕生しました。
現在も1つのブランドとして商品展開を行うほか、その製法は菊水の商品の多くに生かされています。

“純連”や“一文字”、“えびそば一幻”などの名店のラーメンを家庭でも召し上がれるよう開発された「名店ラーメンシリーズ」、蛤出汁や鯛出汁などの出汁にこだわった「出汁シリーズ」、カルディとの共同開発商品では「山わさびしょうゆの冷やしラーメン」や「シークワーサーしおラーメン」といった変わり種ラーメンなど、生ラーメン、寒干ラーメン、そばにうどんと様々な商品があります。

また、ハルユタカやゆめちから、きたほなみなどの江別産小麦を100%利用した「江別小麦めん」の開発は、地域と連携した食育・地産地消・農商工連携の全国的代表事例として高い評価を受け、「江別ブランド」のプロジェクト商品にもなりました。
江別で育った小麦を製粉、製麺した「江別小麦めん」は、もちもちとした弾力と滑らかな食感を持ち、噛み締めるほどに小麦のほのかな甘みと味わいが感じられるといいます。

美味しい江別ナイト2018では、江別小麦めんを特別に生麺でご提供いただき、「江別小麦麺と甲殻類のスープ」でお召し上がりいただきます。
最初から最後まで、すべて江別で作られた「江別小麦めん」、ぜひじっくりと噛み締めてみてください。

企業概要
所在地江別市工栄町19番地の6
TEL 0120-86-9941

株式会社 菊水 ホームページ


TOPへ戻る