北海道生まれの小麦粉にこだわって

1948年、江別で創業した江別製粉株式会社は、まもなく70周年を迎える製粉会社です。同社では、30年以上前から地元北海道の小麦にこだわり、製粉を行っています。

現在でこそ多くの方に支持される国産小麦ですが、30年前の当時は、収穫量が安定しないことや、パンやラーメンに欠かせないたんぱく質の含有量が輸入小麦に比べて少ないことなどから、北海道産小麦を含め、日本の小麦は、ほとんど評価されていませんでした。

しかし、江別製粉では、あえて北海道産小麦を100%使った製品作りにチャレンジ。小麦生産者の方々や小麦粉を使ってくださる職人の方々との会話を積み重ねながら、ともに北海道産小麦の品質向上や収穫量の安定に努め、製品作りに活かしてきました。それができたのも、同じ江別に小麦畑があり、農業や食品加工を専門とする大学や研究機関があり、食品会社があり、といった恵まれた環境があったからです。

今では、品種改良も進み、国産小麦は様々な用途で使われるようになりました。北海道は日本で生産される小麦の約7割を担う大産地として、生産量・品質の両面から国産小麦市場を支えています。

また、江別製粉では、F-shipと呼ばれる小型製粉プラントを開発し、仕込み最低量を1トンとすることで地域や生産者、品種、栽培方法などを限定した「オリジナル小麦粉」の生産を可能にしました。

オリジナルブレンドの小麦粉を少量から生産できるこの設備は、小麦産地からも注目を集め、「おらがマチの小麦粉」として、地域でパンやお菓子・麺などに加工されるなどして、小麦の地産地消に貢献しています。

 

美味しい江別ナイト2017では、100%江別産の小麦粉をご提供いただき、「江別小麦100%のフォカッチャ」等としてお楽しみいただきます。

江別産小麦の品質の高さを感じていただければ幸いです。

 

所在地江別市緑町東3丁目91番地
TEL 011-383-2311

江別製粉株式会社 ホームページ


TOPへ戻る