江別ナイト

食と健康のまちづくりを進める

北海道江別市

世界に誇れる自然豊かな森林公園のある暮らしに最適な環境です

札幌市に隣接する江別市は石狩平野の中央に位置し、全体的に平坦な地形です。北海道の中では、他の地域 に比べやや温暖ですが、四季を通じて風は強く、春に吹く南南東の強風が特徴的。
市内には、世界有数の平地原生林が残る道立自然公園野幌森林公園(2,053ha)をはじめとする多くの公園や、 一級河川「石狩川」といった豊かな自然環境が広がり、街と調和しています。
また空・海の玄関口へのアクセスも良いことから、商工業に適した環境と言えます。
江別市は自然災害の発生が少なくリスク回避・分散の地として適していると言えます。

気象状況
台風 北海道に上陸する頃には温帯低気圧となり勢力が弱まる。
発生が少なく電気設備等に影響が及ぶ可能性は低い。
地震
津波
平成8年の観測開始から平成25年12月まで震度4が2回、震度5以上は観測開始以来一度もない(観測点:江別 市高砂町)。内陸部にあるため津波の心配もない。

交通アクセス

■札幌市中心部まで車で約30分
■札幌駅から野幌駅までJR快速で16分(最短)

充実した福祉

【子育て】

お子様が四季を通じて安心して遊べる「子育てひろば」など、地域一帯となり子育てを支援しています。
保育園:13カ所/幼稚園:13カ所/小学校:19校/中学校:10校/児童センター:7カ所

ぽこ あ ぽこ

< DATA>

名前
江別市子育てひろば
「ぽこ あ ぽこ」
住所
北海道江別市野幌町10-1
イオンタウン江別2階
電話
011-378-4411
開館時間
9時30分〜17時30分
※登録制、無料

【医療機関】

市内には6つの病院と69 の診療所、66 の歯科診療所があり、病床数も1000を超えます。

江別市立病院

< DATA>

名前
江別市立病院
住所
北海道江別市若草町6番地
電話
011-382-5151(代表)
FAX
011-384-1321(代表)
病床数
一般病棟278床、精神病棟59床 合計337床

診療科目:
総合内科、内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科、精神科(精神リハビリテーション室、精神科デイ・ケア)、 小児科、外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、麻酔科、臨床病理科(計17科)
※神経内科は休診中です。


主な特産品

小麦

小麦
江別市は石狩地方でも有数の小麦の産地です。なかでも高タンパクで引き合いが多く“幻の小麦”と言われる「ハルユタカ」については、全道生産量の大半が江別産となっています。

野菜

野菜
ブロッコリーは作付面積及び収穫量ともに道内1位、レタスは作付面積で道内1位になるなど道内有数の産地です。また市内の十数カ所に直売所があり新鮮な野菜が買えます。

れんが

れんが
北海道遺産にも選定された「江別のれんが」は明治期から生産が始められ、現在でも国内屈指の生産地です。また、毎年7月に開かれる「えべつやきもの市」は有名です。

研究機関と人材育成

江別市には酪農学園大学、北翔大学、札幌学院大学、北海道情報大学のほか、短大や高校など各種教育機関が充実しています。また、北海道立総合研究機構の食品加工研究センターでは、「安全で美味しく付加価値の高い売れる食品づくり」をテーマに、数多くの研究が行われています。産学官の連携により集まった優秀な人材と、各種機関のネットワークで企業活動をバックアップします。

地方独立行政法人
北海道立総合研究機構食品加工研究センター
http://www.food.hro.or.jp

食品の加工技術をはじめ、品質向上や生産工程の改善など、食品加工に関する一貫した支援を行う試験研究機関です。企業等のニーズや北海道内の食資源活用を踏まえ、食品加工に関する幅広い研究を行っています。また、企業等に対する技術相談や現地での技術支援、共同研究や受託研究を行っているほか、多種多様な試験機器や加工機械をセンター内で貸与(有料開放)しています。身近な公設支援機関として、市内外の多くの食品関連企業が利用し、商品化につなげています。

食品加工研究センター外観 液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析装置
食品加工研究センター外観 液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析装置
レトルト殺菌機

【試験、測定及び検査機器】
・液体クロマトグラフ- タンデム型質量
 分析装置
・におい識別装置
など計64機種
【加工機械】
・レトルト殺菌機
・過熱水蒸気表面殺菌装置
など計82機種

〒069-0836
江別市文京台緑町589番地4
TEL:011-387-4111(代表)
FAX:011-387-4664

レトルト殺菌機
酪農学園大学
http://www.rakuno.ac.jp/

酪農を中心に農業、食品科学、獣医、食品流通、環境の分野まで幅広い研究活動がなされています。「実学」をモットーに生きた研究活動を行い、人類普遍のテーマ「農」、「食」、「環境」、「生命」を研究する北海道らしい実益的な大学です。

 学群・学類
農食環境学群(循環農学類/食と健康学類/環境共生学類)
農・食・環境をテーマにした「農食環境学群」
「農食環境学群」は、『循環農学類』、『食と健康学類』、『環境共生学類』の3つの学類で構成されています。『循環農学類』には、酪農や畜産、農業経済を学ぶ4つのコース。『食と健康学類』には、食品の持つ栄養や機能、食品開発、流通を学ぶ3つのコースに加えて、1年次から一貫教育の管理栄養士コースの全4コース。さらに、この2学類の学生を対象に農業科教員を養成するための実践的教育を行う教職コースを設置。また、「環境共生学類」には、野生動物、生命環境について学ぶ2つのコースがあり、これら3学類の枠を超えて、興味ある科目を履修することもできる柔軟な教育システムが特徴の一つです。
獣医学群(獣医学類/獣医保健看護学類)         ■ 学群・学類数:
獣医学に加え、獣医保健看護学を学ぶ「獣医学群」        2学群5学類・大学院2研究科
大学院(獣医学研究科/酪農学研究科)          ■ 学生数:
                               約3,600名(平成25年5月現在)

〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地  TEL:011-386-1111(代) / FAX:011-386-1214

酪農学院大学01
北翔大学
http://www.hokusho-u.ac.jp/

深い専門性を養い、自立できる社会人の育成に取り組んでいます。学内にある研究施設(スポル)では地域住民を対象としたスポーツクラブを運営しています。

■学部:
人間福祉学部・生涯学習システム学部・生涯スポーツ学部/短期大学部/大学院3研究科
■学生数:
約2,100名(平成25年5月現在)

〒069-8511 北海道江別市文京台23 番地
TEL 011-386-8011 (代) / FAX 011-387-1542

札幌学院大学
http://www.sgu.ac.jp/

徹底した少人数教育と、マネジメントの理論と実習を連結させる「フィールド実践科目」で、地域経済を支える専門的な人材育成に取り組んでいます。  

■学部:
経営学部・経済学部・人文学部・法学部・社会情報学部/大学院3研究科
■学生数:
約3,400名(平成25年5月現在)

〒069-8555 北海道江別市文京台11 番地
TEL 011-386-8111(代) / FAX 011-386-8133

北海道情報大学
http://www.do-johodai.ac.jp/

情報の総合大学として情報通信社会の担い手にふさわしい高度IT技術者を育成しています。食の機能性評価・研究が全国から注目を集めています。   

■学部:
経営情報学部・医療情報学部・情報メディア学部/通信教育部/大学院1研究科
■学生数:
約1,800名(平成25年5月現在)

〒069-8585 北海道江別市西野幌59番地2
TEL 011-385-4411(代) / FAX 011-384- 0134

江別で活躍する地域の企業

江別市には、新しい商品づくりに積極的に取り組む企業や、これらを支援する試験研究機関・大学の集積、さらに「江別経済ネットワーク」をはじめとする産学官連携のしくみがあります。安全・安心で機能性を有する「食」を創発する環境に、恵まれたまちです。


江別製粉株式会社
【主要生産営業品目】
北海道産小麦/外国産小麦/北海道産ライ麦
【商品】
はるゆたか 100 /春のいぶき etc

住所 北海道江別市緑町東 3 丁目 91 番地
TEL 011-383-2311 / FAX 011-383-2315
URL http://haruyutaka.com/


SOC ブルーイング株式会社
【主要生産営業品目】
ビール
【商品】
ノースアイランドビール/江別小麦ビール etc

住所 北海道江別市元町 11 番地 5
TEL 011-391-7775 / FAX 011-391-7776
URL http://www.2002cb.co.jp


雪印種苗株式会社 技術研究所
【事業内容】
酪農畜産事業/畑作園芸事業/環境緑化事業/芝生種子(苗)の購入
【商品】
養牛用飼料ゆきみるく/養牛用サプリ メントこうし応援団 etc

住所 北海道江別市西野幌 36 番地 1
TEL 011-384-2855 / FAX 011-380-2050
URL http://www.snowseed.co.jp


北海道電気技術サービス株式会社
【製品情報】
発電分野(小水力発電機制御装置 etc) /
電力流通分野(監視制御装置 etc)/
配電分野(SVR 用制御装置 etc)/
一般分野(データロガーシステム etc)

住所 北海道江別市西野幌 120 番地8
TEL 011-384-8888 / FAX 011-384-8889
URL http://www.hesc.co.jp/


株式会社菊水
【主要生産営業品目】
生ラーメン/寒干しラーメン/蒸し麺 /そば/うどん/乾麺/スープ・具材
【商品】
江別小麦めん/えべチュンら〜めん etc

住所 北海道江別市工栄町 19 番地 6
TEL 011-383-7905
URL http://www.kikusui-ltd.co.jp


株式会社北辰フーズ
【主要生産営業品目】
シャーベリアスシリーズ/ゼリー/ チーズ・ミルクデザート
【商品】
シャーベリアス夕張メロン etc

住所 北海道江別市緑町西 3 丁目 1 番地 1
TEL 011-383-3231 / FAX 011-385-1864
URL http://www.hokushinfoods.co.jp


株式会社せき 北海道工場
【事業内容】
業務用野菜の冷凍・冷蔵加工並びに製造販売/農産物の原料販売
【商品】
冷凍南瓜/生鮮カット野菜 etc

住所 北海道江別市角山426番地1
TEL 011-381-0018/ FAX 011-381-0098
URL http://www.kk-seki.co.jp


匠プレス工業株式会社
【事業内容】
ステンレスキッチンおよび家庭用灯油タンクの製造がメイン。他に木製建具および家具の製作販売および取付事業/大工工事の請負事業 etc

住所 北海道江別市工栄町25番地3
TEL 011-383-2188 / FAX 011-383-9682
URL http://www.takumi-press.jp


株式会社菊田食品
【主要生産営業品目】
豆腐/揚げ/こんにゃく/海藻ところ天/しらたき
【商品】
江別の大豆でつくった木綿豆腐 etc

住所 北海道江別市錦町13番地5
TEL 011-382-3247 / FAX 011-382-3239
URL http://www.kikuta-food.co.jp


株式会社トミイチ(江別工場)
【主要生産営業品目】
青果物加工/青果物チルド販売
【商品】
馬鈴薯/南瓜/キャベツ/冷凍とろろ芋/大根おろし etc

住所 北海道江別市西野幌120番地10
TEL 011-375-1289 / FAX 011-375-0842
URL http://www.1031.co.jp


株式会社北海道酪農公社
【主要生産営業品目】
牛乳・乳飲料/バター・チーズ
【商品】
毎日牛乳/クリームチーズ etc

住所 北海道江別市工栄町16番地
TEL 011-384-6930(代)
URL http://www.mainichi-milk.co.jp
(日本酪農協同株式会社)


ニチラク機械株式会社 北海道事業所
【事業内容】
サニタリタンク類/ナチュラルチーズ加工機器/バター製造機器/プロセスチーズ製造機器/ナチュラルチーズ製造業務/メンテナンス業務 etc

住所 北海道江別市工栄町5番地19
TEL 011-384-3344 / FAX 011-384-3136
URL http://www.nichiraku.co.jp/


オシキリ食品株式会社
【主要生産営業品目】
納豆/こんにゃく/しらたき/ところてん/豆腐/揚げ
【商品】
北海道すずまる納豆/江別大豆の小粒納豆 etc

住所 北海道江別市工栄町5番地7
TEL 011-385-4451 / FAX 011-385-4461
URL http://www.oshikiri-foods.jp


株式会社マルナカ
【主要生産営業品目】
うどん/そば/そうめん/ひやむぎ/札幌ラーメン
【商品】
きたほなみうどん/ごまそば etc

住所 北海道江別市工栄町5番地1
TEL 011-391-2121 / FAX 011-391-7333
URL http://marunaka.org


株式会社ベイクド・アルル
【主要生産営業品目】
ケーキ/シュークリーム/アイスクリーム
【商品】
5種のベリー贅沢レアチーズ/北の生シューぱふる etc

住所 北海道江別市上江別464番地9
TEL 011-382-8550 / FAX 011-382-8551
URL http://www.bake-de-arles.com


株式会社 電制
【製品情報】
電力製品/河川管理製品/監視制御製品/情報通信製品/センサー製品/電気式人工喉頭/スマートフォンアプリ
【商品】
電気式人工喉頭ユアトーンⅡシリーズ

住所 北海道江別市工栄町8番地13
TEL 011-380-2101 / FAX 011-380-2103
URL http://www.dencom.co.jp/

江別市ではフード特区のメリットを受けられます

【フード特区の目的】

フード特区

フード特区(北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区)の目的は、食料供給基地である北海道ならではの『食の総合産業』の確立によって、農水産業に加えて食品製造業の国際競争力を強化し、成長著しい東アジアの食市場を獲得することです。
これを達成するため北海道では、「食と健康に関する研究開発・製品化支援機能」を集積・拡充し、“新たな需要(価値)創造につながる食のバリューチェーン”を確立することによって、東アジアにおける食産業の研究開発・輸出拠点化を目指しています。

【フード特区と江別市のかかわり】

江別市は食に関する試験研究機関・大学の集積や食のブランドづくりの実績が評価され、フード特区の地域に指定されました。江別市内の事業所は特区に関する税制・金融の特例や特区関連事業を活用できます。

実績
投資税額控除の活用
特区関連事業による食の臨床試験の体制整備(人材配置、ボランティア基盤の拡大)

【江別市独自の取組】

江別市では、フード特区の指定を受けて食のまちづくりを加速するため、食品工場等の立地支援に向けて工場立地法による規制を緩和したほか、立地企業の支援を充実させました。

【国際戦略総合特区のメリット】

 税制支援(選択制)

投資税額控除・特別償却:総合特区内で当該特区の戦略に合致する事業を行うために、機械(1台が2千万円超)、建物等(1億円以上)を取得してその事業の用に供した場合に適用。
投資税額控除 / 新たな機械、建物等の取得価額の15%(建物等は8%)を法人税額から控除。
特別償却 / 新たな機械、建物等の取得価額の50%(建物等は25%)を普通償却額に上積み。
所得控除:専ら特区内で規制の特例措置を活用した事業を行う法人に対し適用/当該事業による課税所得の20%を損金に算入(5年間)。

 財政・金融支援

総合特区推進調整費:関係府省の既存の補助メニューを活用した上でなお資金が不足する場合に、府省の予算制度での対応が可能となるまでの間、調整費を補助予算に充当。(調整費による支援額上限:国際戦略総合特区は20億円/計画・年)
総合特区支援利子補給金:特区事業の実施に必要な借入れを行う場合、0.7%・5年間を限度として金利負担の軽減を受けることができる(金利軽減分を国が金融機関へ支給)。

※上記の支援措置を活用するには、総合特区計画に基づき実施する事業として認定される必要があります。

【江別市の企業立地支援】
立地企業への助成(江別市企業立地等の促進に関する条例)
 江別市内における対象施設の新増設等に対し補助金を交付。
・対象施設
 製造加工施設、環境エネルギー関連施設、試験研究施設、
 物流関連施設、植物工場、情報関連施設、コールセンター
・補助金の種類
 立地補助金、雇用補助金、下水道使用料補助金、設備更新補助金

※このほか、企業立地促進法に基づく課税免除制度も設けています。詳しくは江別市のホームページ(http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp)をご覧ください。
食品工場の敷地の緑地面積率等の緩和(江別市工場立地法準則条例)
 江別市内の工業団地の区域内にある「食品を製造、加工する業種」の特定工場に限り、工場立地法による規制の内容を緩和。
・緑地面積率
 工場立地法「工場敷地面積の20%以上」
 ⇒ 市条例「工場敷地面積の10%以上」
・緑地を含めた環境施設面積率
 工場立地法「工場敷地面積の25%以上」
 ⇒ 市条例「工場敷地面積の15%以上」
 江別市経済部総合特区推進担当 TEL:011-381-1087/E-MAIL:kigyouricchi@city.ebetsu.lg.jp
 パンフレットダウンロード
<企画・制作>
株式会社Cスタイルデザイン
〒067-0031 江別市元町11番地5 元町アンビシャスプラザ2F
TEL.011-398-4715
FAX.011-398-4716
URL.http://cstyle-design.jp

このホームページは、江別市の平成25年度「緊急雇用創出事業(フード特区プロモーション事業)」の受託業務の一部として、企画・制作したものです。

ページ先頭へ